【ウマ娘】フレンドポイント(Pt)稼ぎの効率的なやり方

「ウマ娘プリティダービー」でフレンドポイント(Pt)を効率よく稼ぐ方法を紹介しています。フレンドポイント(Pt)と報酬の交換優先度も解説しています。

更新日:2021/5/17 08:02

ウマ娘
目次

フレンドポイント(Pt)稼ぎの効率的な裏技

別端末で自分のサポートをレンタルする

完凸していないSSRサポートカードは、フレンドに使ってもらえません。別端末にウマ娘をインストールして、自分でレンタルする方法がおすすめです。

別端末を使ったフレンドポイント(Pt)の稼ぎ手順

サークルポイントを同時に稼ぐ場合
1別端末にウマ娘をインストール
2本アカウントをフォロー
※IDはプロフィール画面から確認できる
3自分の「代表ウマ娘」と「サポートカード」をレンタルして育成開始
4育成は1ターン目に「あきらめる」で終了
53回レンタルしたら、タイトルに戻って、「ユーザデータ削除」
6手順2~5を、10回レンタル(サークルポイント上限)まで繰り返す
7翌日AM5時に、フレンドPtとサークルPtが届く
フレントポイントだけを稼ぐ場合
1自分の「サポートカード」をレンタルして育成開始
2育成は1ターン目に「あきらめる」で終了
3TPをジュエルで回復して、レンタル育成を繰り返す
4ジュエルが尽きたら、データ削除
次のアカウントで繰り返す

別端末がない場合の回避策

PCに本アカウントを退避する

別のスマホ・タブレットを持っていない場合は、本アカウントをPC版のウマ娘に退避しましょう。1端末でも行えますが、PCにバックアップしておく方が安全です。

PC版には「ユーザデータ削除」の機能がありません。そのため、PC版の方をリセットして、代表ウマ娘をレンタルすることはできません

PC版と連携するとジュエル500個が貰える

PC版ジュエル

PC版とデータ連携すると、「DMM GAMES版」の利用特典で、ジュエル500個を貰えるメリットもあります。

データ連携を残して1端末で行う

少し危険ですが、データ連携で本アカウントを残して、1端末で行うことも可能です。データ連携画面をスクショで保存して、ユーザデータを削除しましょう。

10回分のレンタルが終了したら、本アカウントのデータに戻します。

1端末で稼ぐ場合の注意点

バックアップを2重に残す

注意点

バックアップは「データ連携」と「アカウント連携」の2種類で行えます。両方の手段でバックアップを残して、安全性を上げましょう

フレンドポイントは無限に稼げる

フレンドポイントは1日の獲得上限がありません。時間が許す限り無限に稼げるので、1日でハルウララSSRの完凸を作成することも可能です。

データ連携の有償ジュエルが消えた場合

有償ジュエル引継ぎ

元の端末に戻ると残っている

他プラットフォームへ連携した場合、有償ジュエルの所持数は連携できません。ただし、元の端末(OS)に戻れば、有償ジュエルはちゃんと残っています

正攻法でフレンドポイント(Pt)稼ぐ方法

完凸のSSRサポートを置く

フレンドが使えるサポートカードに、完凸のSSRサポートを置いておくと、使用してもらえる確率が高いです。

ピックアップされてないサポートがおすすめ

ガチャでピックアップされたサポートカードは、完凸を所持しているプレイヤーが多いです。未ピックアップの完凸の方が、使ってもらいやすいです。

ガチャのスケジュールと予想

ピックアップから期間が空いたサポートもあり

新規プレイヤーからのレンタルを狙う場合、ピックアップから期間が空いたサポートカードも有効です。ピックアップ後からゲームを始めた人もいるので、ある程度レンタルしてもらえます。

フレンドポイント(Pt)の交換優先度

フレンドポイント(Pt)交換

ハルウララを交換して蹄鉄にする

フレンドPtと交換可能な「ハルウララSSR」はスキルを持っていません。オールB育成にしか使い道がないので、「虹の蹄鉄」に変換してガチャチケットと交換しましょう。

蹄鉄交換はサークルPtでもできる

フレンドPt稼ぎと同じ手順で、サークルPtも同時に稼げます。「ハルウララSSR」を売却することが怖い場合は、サークルPt交換のSSRサポートカードとも比較してみましょう。

個人的には「ハルウララSSR」が一番使わないと思います。

サークルポイント(Pt)稼ぎの効率的なやり方

蹄鉄とガチャチケットを交換する

蹄鉄

「虹の蹄鉄」1個で、「SR以上確定ガチャチケットx1」「育成ウマ娘ガチャチケットx2」「サポートガチャチケットx2」を交換できます。

蹄鉄交換は毎月1日にリセットされます。毎月SSRサポートを1枚売却して、ガチャチケットと交換しましょう。

サポートPtとフォロー枠は必要に応じて交換する

サポートPtとフォロー枠が今すぐ必要ない場合、フレンドポイントを使わずに残しておきましょう。必要になったタイミングで交換する方がおすすめです。

サポートPtは月末に交換しておく

サポートPtの交換回数は、毎月リセットされます。月末には上限まで交換しておきましょう。