【原神】マルチプレイ(オンライン)の仕様

「原神(Genshin)」におけるマルチプレイ(オンライン)について解説しています。マルチプレイの仕様や、注意点などを紹介しています。

更新日:2020/9/26 15:27

目次

マルチプレイ(オンライン)の仕様

ホスト側のワールドに入る

マルチプレイでは、プレイヤー1人がホストになります。他3人のゲストプレイヤーは、ホスト側のワールドに参加する形となっています。

パーティは最大4人

マップ探索やダンジョン攻略は、最大4人のプレイヤーとマルチプレイができます。マルチプレイの参加人数に応じて、ホスト側のパーティ人数(ソロ時は4人パーティ)が減少します。

ゲスト側は1キャラを操作

ゲストプレイヤーは参加申請時の操作キャラで、ゲームに参加します。参加後に操作キャラを変更することはできません

他プレイヤーと同じキャラは使用できない

ダンジョン攻略の場合、同じキャラが2体いると攻略を開始できません。他プレイヤーと使用キャラが被った場合は、別キャラで参加し直しましょう。フィールドでは他プレイヤーと同じキャラを使用できます。

ゲスト側は制限が多い

ゲストプレイヤーは、「宝箱の開封」「任務の進行」「失われた神の瞳(奉納アイテム)集め」ができません。ホスト側を手助けする機能となっています。

ファストトラベル先は自分で解放した場所だけ

ファストトラベルで指定できる場所は、自分でワープポイントを解放した場所だけです。他プレイヤーと合流できない可能性があるので、マルチプレイの前にワープポイントを解放しておきましょう。

ホストの部屋に名前を設定できない

ベータテスト時の仕様では、ホストの部屋に名前を設定できません。そのため、他プレイヤーからホストの目的、使用キャラを判断できない問題があります。