【あつまれどうぶつの森】金策(ベル稼ぎ)の効率的な方法

「あつまれどうぶつの森(あつ森)」の金策(ベル稼ぎ)について掲載しています。金策(ベル稼ぎ)を効率よく稼ぐ方法を解説しています。

更新日:2020/3/21 21:37

目次

金策(ベル稼ぎ)のやり方

金策(ベル稼ぎ)の一覧
サカナ、ムシ、フルーツを売却する
DIYでアイテムを作成して売却する
ベルが出る岩を叩く(対象の岩は毎日変わる)
埋蔵金を掘り出す(1日1ヵ所出現)
日曜日にカブを売買する

序盤は採取したアイテムを売却する

序盤は「サカナ」「ムシ」「フルーツ」を採取して、売却しましょう。DIYレシピなどが少ない間は、他の選択肢はありません。

タランチュラが8000ベルで売れる

3月~4月末までの期間は、タランチュラを捕まえて売るのがおすすめです。タランチュラは1匹8000ベルで買い取ってもらえます。

タランチュラを捕まえる方法

DIYで素材を加工して売却する

DIYレシピを入手すれば、素材アイテムを加工してから売却できるようになります。採取したアイテムをそのまま売るより、DIYでアイテムに加工した方が、高額で取引できます。

雑草は「はっぱのかさ」に加工して売る

雑草15個を素材にすると、「はっぱのかさ」を作成できます。「はっぱのかさ」に加工すると雑草をそのまま売る場合より、倍の値段で買い取ってもらえます。

「はっぱのかさ」のレシピと必要素材

ベルが出る岩を叩く

通常の岩は叩くと「鉱石」が出てきます。ただし、無人島の岩の中には、1個だけ叩くと「ベル」がでる岩が存在します(8回まで叩ける)。対象の岩は毎日変更されるので、素材集めのついでに探してみましょう。

埋蔵金を掘り出す

地面が光っている場所を掘り出すと、1000ベルを入手できます。埋蔵金の場所は、1日に1ヵ所だけ出現します。

掘り出したベルを埋め直して「金のなる木」を作る

埋蔵金を掘り出した直後の、光っている穴にベルを埋めると、5~6日後に「金のなる木」が生えてきます。「金のなる木」は、植えた額と同じベル袋が3個実ります(1万ベルが上限)。

「金のなる木」の作り方

日曜日にカブを売買する

毎週日曜日の午前中に、「ウリ」がカブを売るために島へやっています。カブの値段は毎日の午前・午後で変動するので、安く買って、高く売ることで儲けがでます。

カブの平均値は100ベル

カブの平均値は100ベルで、90ベル~110ベルの範囲で変動します。95ベル以下なら、カブを買い込んでおきましょう

効率よくベルを稼ぐ方法

ほかの島でフルーツを取ってくる

自分の島のフルーツは100ベルになります。しかし、ほかの島で取れたフルーツは500ベルで売ることができます。他プレイヤーの島に遊びに行き、入手したフルーツを栽培することで、効率よくお金を稼げます。

フルーツの栽培方法

スコップで穴を掘ってフルーツを植えると、5日後にそのフルーツが実ります。他の島からフルーツをもらって来て、自分の島で栽培しましょう。

離島のフルーツもおすすめ

離島ツアーで入手できる「ヤシの実」は250ベルで売却できます。他プレイヤーの島に行くのが面倒な人は、「ヤシの実」を栽培するのもおすすめです。

DIYアイテムはタヌキ商店の営業時間に売却する

DIYアイテムはタヌキ商店で買い取ってもらえます。「タヌキ商店」が閉店している場合は、店前の買取ボックスに入れると、営業時間外でもアイテムを売ることができます。

買取ボックスは手数料を取られる

買取ボックス経由でアイテムを売ると、「たぬきち」が手数料を取ります。高いアイテムは営業時間内に売りにいきましょう。

高額買取アイテムを売却する

高額買取アイテムは、通常の倍の価格でタヌキ商店に買い取ってもらえます。高額買取アイテムは、日替わりで変更されます。