【龍が如く7】発売日とゲーム概要・評価

「龍が如く7」の発売日やゲーム概要、評価をまとめています。「龍が如く7」を購入するか迷っている人は参考にしてください。

更新日:2019/12/25 11:39

目次

「龍が如く7」の発売日

2020年1月16日(木)に発売予定

「龍が如く7」は「2020年1月16日(木)」に発売される予定です。体験版が配信されているので、購入を考えている人は遊んでみましょう。

「龍が如く7」の概要・評価

極道者のストーリー

龍が如くシリーズは、極道者を主人公とした濃厚なストーリーが魅力です。主人公は「春日一番」に変わりましたが、「春日一番」も東城会の三次団体に所属していた元極道です。

ゲームシステムがRPGに大きく変更

龍が如く7ではゲームシステムが、これまでのアクション形式からRPG形式に変更されています。キャラのレベルや、パーティ編成、転職(ジョブチェンジ)、召喚といったゲーム要素が存在します。

ギャグ要素が多め

春日にだけ敵キャラがモンスターに見えたり、ドラクエのパロディがあったりと、過去作よりもギャグ要素が多い印象を受けます。ただし、ストーリー本編は「龍が如くシリーズ」らしいシリアスな展開となっています。

前作からの変更点

主人公が「春日一番」に交代

主人公 春日一番

龍が如く7では、これまでの主人公「桐生一馬」から「春日一番」に交代しています。「春日一番」は「龍が如く ONLINE」の主人公キャラでもあります。また、「桐生一馬」はストーリー中に敵として出現するようです。

バトルシステムが変更

コマンドバトル

バトルシステムがアクションバトルから、「ライブコマンドRPGバトル」に変更されています。キャラの行動はコマンドで決まりますが、街にある看板や自転車を使った特殊攻撃は受け継がれています。

舞台が横浜に移動

舞台

ストーリーの舞台が「東京の神室町」から、「横浜の伊勢佐木異人町」に変更されています。エリアの大きさは神室町の3倍以上になっており、街を探索するだけでも楽しそうです。「伊勢佐木異人町」のモデルは、関内駅から近くにある「横浜市中区 伊勢佐木長者町」です。