【龍が如く7】ストーリーの攻略チャート

「龍が如く7」のストーリーの攻略情報を掲載しています。ストーリーで戦闘するボスの攻略方法や、発生するサブストーリーなどを解説しています。

更新日:2020/1/19 21:56

目次

ストーリーの攻略チャート

ストーリーの一覧
1章 光と影2章 血の再会
3章 どん底の街4章 横浜の龍
5章 流氓の男6章 戦禍の銃爪
7章 蜘蛛の巣8章 漂白の裏側
9章 砂上の楼閣10章 恩威並行を忘れず
11章 喧嘩の勝算12章 極道の終焉
13章 コインロッカーベイビー14章 伝承
15章 成り上がりの果てクリア後の追加要素
エンディング分岐はある?

本格的な自由行動は4章から

ジョブ変更など本格的な自由行動ができるのは、「4章 横浜の龍」からとなります。4章までは人間力を上げてもメリットは少ないので、ミニゲームよりメインストーリーを中心に進めるのがおすすめです。

ストーリー中の選択肢はどれを選ぶべき?

人間力は気にせず見たい物を選ぼう

人間力を選択肢によって上昇します。ただし、どの選択肢でも何かの人間力が、同程度上がります。選択肢は人間力の上昇値より、見たい結果で選ぶのがおすすめです。

人間力はミニゲームでも上がる

人間力はミニゲームでも上げることができます。イベント進行に足りない人間力は、ミニゲームで上げることで取返し可能です。

ストーリーのあらずじ

2001年1月1日。東城会の三次団体「荒川組」に所属する極道、春日一番は、組長・荒川真澄から
若頭・沢城丈の犯した罪を被るよう頼み込まれ、出頭を決意。
愛する組のため、尊敬する親父のため……春日は18年にも及ぶ厳しい刑務所生活を送り、2019年、ついに出所する。

だが、出所をした春日を出迎えてくれる者は、誰一人いなかった。

一人寂しく、故郷である神室町へと戻る春日。
だがそこは、春日の知っているかつての神室町ではなかった。

「神室町3K作戦」という警察の施策により、東城会は崩壊。
現在の神室町は、警察と関西の極道組織・近江連合に完全支配されていた。
そして、そんな状況を作り出した張本人が、荒川真澄なのだという。

「親っさんがそんなことするわけねぇ!」

真意を直接確かめるべく、春日は荒川真澄の元へと向かう。

近江連合組員や、かつての兄貴分・沢城の妨害を撥ね退け、なんとか荒川真澄の元へとたどり着く春日。

「親っさん!」

実の親のように慕う、憧れの極道である「親父」との、18年ぶりの再会――
だがそこで待っていたのは、再会を喜ぶ笑顔ではなく、冷酷な銃口だった。

「すまねぇなぁイチ…… 死んでくれ」

鳴り響く銃声。薄れゆく視界――

「うぅ‥‥!」
生死の淵をさまよいながらも、なんとか意識を取り戻した春日。
だが目覚めた場所は、段ボールハウスが並ぶホームレス街の、汚いゴミ捨て場だった
「……ここはどこだ?」
春日の問いに一人のホームレスが答える。
「イジンチョウ。……伊勢佐木異人町。ここは横浜だ。知ってるだろ?横浜」

参考:http://ryu-ga-gotoku.com/seven/index.html