【ゴーストオブツシマ】バトルの基本 / 立ち回りと操作設定

「ゴーストオブツシマ(Ghost of Tsushima)」におけるバトルシステムについて掲載しています。敵の効率的な倒し方や、接近戦の立ち回り、バトルのおすすめ操作設定を解説しています。

更新日:2020/7/17 00:29

目次

バトルの基本

弓で敵弓兵を倒す

弓兵は感知範囲が広く、弓兵を残したまま敵に接近すると発見されます。弓を使って、敵の弓兵を処理しましょう。

ヘッドショットで気づかれずに倒す

弓矢でヘッドショットに成功すると、敵を一撃で倒せます。胴体に当たると敵に気づかれるので、ヘッドショットを狙いましょう。

暗殺で敵の数を減らす

弓兵を処理した後は、暗殺(ステルスキル)で敵の数を減らしましょう。2~3人の敵に囲まれると、あっさり殺されるので、敵の数を減らすことが重要です。

「耳澄まし」で敵の位置を把握する

タッチパッドを押すと「耳澄まし」が発動します。「耳澄まし」をすると、障害物ごしに敵の位置を把握できます。敵の向いている方向を確認して、後ろから暗殺しましょう。

一騎討ちで敵の数を減らす

敵と不意に遭遇したは、一騎討ちを申し込みましょう。一騎討ちに成功すると、敵を一撃で倒せます

接近戦の操作と立ち回り

操作解説
受け流し・敵の攻撃に合わせて防御すると発動
・気力を回復しつつ、敵に隙を作る
回避・受け流しより安全な回避手段
・気力回復や、隙を作ることはできない
・弓矢の回避手段として有効
強攻撃・△ボタンでの攻撃
・「よろめきゲージ」が増加しやすい
・強攻撃で防御を崩すことが基本
連続攻撃・□ボタンの攻撃
・よろめき状態の敵には連続攻撃でダメージを稼ぐ
操作方法

強攻撃で防御を崩す

△ボタンの強攻撃をすると、敵の「よろめきゲージ」が上昇します。連続攻撃から入ると防御されるので、「よろめきゲージ」を最大にして、防御を崩した瞬間に連続攻撃を叩き込みましょう。

赤く光る攻撃はガードできない

敵の赤く光る攻撃は、ガード不能な攻撃です。「受け流し」もできないので、「回避」で避けましょう。

敵に合わせて構えを変える

「刀の構え」は、敵との属性相性に当たる要素です。敵の種類ごとに有利な構えが決まっています。有利な構えから攻撃すると、与ダメージ増加、よろめきやすくなるメリットがあります。

構え有利な敵
石の型剣を持つ敵
水の型盾を持つ敵

新しい構えの習得方法

新しい構えは「敵将の撃破」「敵の動きを見切る」と習得することができます。

バトルのおすすめ操作設定

カメラの回転速度を上げる

視界の回転が遅く感じる人は、カメラの回転速度を調整しましょう。ただし、回転を早くし過ぎると、酔う人もいるので自分に合わせて調整します。

弓兵の注意アイコンを表示する

オプション設定で、敵弓兵が矢を放つ際に注意アイコンを表示できます。近くの敵と闘いながら、弓矢を避けることが難しい場合は、注意アイコンをONにしましょう。